山形市・天童市で不動産売却を行う「株式会社エステートワン不動産」が離婚時の不動産売却について詳しくご説明するページです。

023-664-1302

営業時間 9:00~18:00

MENU

離婚時の売却

離婚時の不動産売却もお任せください

山形市・天童市で不動産買取、不動産売却、相続不動産売却など、幅広く不動産のご相談に対応している株式会社エステートワン不動産です。近年、離婚は決して珍しいことではなくなってきました。それぞれ新たな道を踏みだす離婚で、揉める原因の一つとして挙げられるのが不動産や金銭などの財産分与です。

当社では、離婚に絡む不動産売却も数多く手がけてきましたので、複雑になるケースが多い案件でも安心してお任せいただけます。こちらでは、離婚による不動産売却のメリットや方法などについてご説明します。

離婚時に不動産売却をするメリット

現金化することで財産分与をしやすい

預貯金などの現金と異なり、不動産は「半分に分けておしまい」とはなりません。どちらかが住み続けるなら、その分の現金などの財産を相手に渡さなければなりませんが、不動産はほかの家財と比べて価値が高く、均等に分けるのは難しくなります。慣れ親しんだ自宅であっても、思い切って現金化したほうが、財産分与はしやすくなります。

感情的なトラブルが起こりにくい

財産分与で自宅などの不動産をどちらかが譲り受け、住み続けたとしてもトラブルが起きないわけではありません。いざ自宅を売却しようとした際、仲介売却であれば瑕疵(かし)担保責任を負うことになります。せっかく売却しても、売却後に瑕疵が見つかればそれを修繕するための費用負担をしなければなりません。少額で済めばいいですが、大きく修繕する場合は費用負担も高額になります。

また、相手が離婚の際は納得して自宅を譲ってくれたとしても、後々「やっぱりやめた」と明け渡しを求めてくることもあります。法的に明け渡す必要がなかったとしても、何度も押しかけてこられては新しい生活に支障をきたしかねません。離婚時に不動産を現金化してしまうことで、それ以降のトラブルを防ぎやすくなるというメリットがあります。

不動産売却の方法

住宅ローンの返済が完了している場合

住宅ローンの返済が完了している場合

戸建てやマンションなどの不動産を売却する際、住宅ローンが完済(もしくは住宅ローンを組まずに購入)していれば、売却で得られた金額を分割するだけですので、比較的スムーズに完結します。売却方法は、「不動産買取」、「仲介売却」のどちらでも選択可能です。お客様の状況に合わせて、より良い売却方法を選択してください。当社はどちらの売却方法も対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

住宅ローンが残っている場合
アンダーローン:住宅ローンの残金が売却代金を下回る

アンダーローン:住宅ローンの残金が売却代金を下回る

住宅ローンが残っていても、残債が売却代金よりも少なければ、住宅ローンが完済しているとき同様、「不動産買取」、「仲介売却」のどちらでも選択できます。この場合、売却代金で住宅ローンを完済し、売却時にかかった費用を差し引いて分割します。当社はどちらの売却方法も対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

オーバーローン:住宅ローンの残金が売却代金を上回る

不動産購入からあまり日が経っていないときに起こりやすいのが、住宅ローンの残金が売却代金を上回るケースです。手持ちの預貯金などで不足分を補えればいいのですが、それが難しければ住宅ローンが完済できず、不動産の売却は行えません。その場合、「任意売却」という売却方法もありますが、任意売却を行うには住宅ローンを提供した金融機関等との合意を含めた条件やタイミングが合致しなければなりません。金融機関が任意売却に応じないケースもあり、売却できる保証がない点にも注意が必要です。

離婚前・離婚後の不動産売却の比較

離婚によって所有している不動産を売却する場合、離婚の前後どちらで行うかによって、それぞれメリット・デメリットが異なります。比較したうえでどちらにするかしっかりと検討しましょう。当社では、複雑になりがちな離婚による不動産売却のお悩みにも、丁寧に対応しております。お気軽にご相談ください。

離婚前に売却 離婚後に売却
メリット
  • 住宅ローンの支払いの心配がない
  • 離婚相手と不動産に関する接点がなくなる
  • 夫婦間で50%ずつの所有権がある場合、離婚前でも贈与の対象とならない(財産分与と同等の扱いになる)
  • 売却金額を分配しても、財産分与となるため、贈与の対象とならない
デメリット
  • 夫婦間の所有権に偏りがある場合、贈与の対象になる
  • 任意売却であれば、連帯保証人の同意が必要になり、迷惑をかけることになる
  • 離婚相手と音信不通だと、同意が取れずに売却できない
  • 離婚相手と音信不通だと、同意が取れずに売却できない

to top