山形市・天童市で不動産売却を行う「株式会社エステートワン不動産」が相続不動産売却や空き家管理について詳しくご説明するページです。

023-664-1302

営業時間 9:00~18:00

MENU

相続不動産売却

相続不動産の売却・管理もお任せください

山形市・天童市で不動産買取、不動産売却、相続不動産売却など、幅広く不動産のご相談に対応している株式会社エステートワン不動産です。大切なご親族が残してくれた相続の中でも、不動産については様々なお悩みが寄せられます。「相続したが住む予定がない」、「遠方で管理しきれず困っている」など、相続不動産についてのお悩みはありませんか。

当社では、相続不動産売却はもちろん、売却せずに所有し続けたい、売却までの期間は管理を任せたいといった場合も、対応可能です。相続不動産でお悩みでしたら、お気軽に当社にご相談ください。こちらでは、相続不動産の売却や管理についてご説明します。

相続物件について

お客様が相続した不動産物件を売却する場合は、以下のような流れになります。当社では、お客様の相続物件を売却まで全力でサポートしております。お気軽にご相談ください。

相続物件売却の流れ

1

相続人の皆さまでの遺産分割協議
相続人となる皆さまで、どのように遺産を分配するかを協議して決定します。決定した内容に基づき、「遺産分割協議書」を作成します。

2

相続した不動産の名義人変更
相続する不動産物件が決まったら、元の名義人であるご親族様から、新たに所有者となる方に名義を変更する登記手続き(相続登記)を行います。

3

仲介会社を決定

売却を任せる「パートナー」の不動産会社を決定します。どのような販売活動を進めるのか、これまでの売買実績やノウハウ、ネットワークはあるのかなど、気になる点はしっかり確認して決めるようにしましょう。

当社は、山形市・天童市で数多くの不動産売却に携わっております。お客様が満足できる売却となるよう、丁寧且つスピード感を持って販売活動を進めています。どうぞお気軽にご相談ください。

ご相談・無料査定のご依頼はこちら

4

売却価格の決定
不動産会社から提示された査定額を指標に、売却する相続不動産の売却価格を決定していただきます。「この価格で大丈夫かな」、「売れ残りが気になる」など、売却価格での不安がありましたら、お気軽にお申し出ください。安心してお任せいただけるよう、しっかり丁寧に対応しております。

5

条件交渉
売却する相続不動産物件の販売活動を開始します。当社では、これまで培ってきた経験とネットワークを駆使して販売活動を行い、購入希望者が見つかり次第、売却価格や引き渡し時期などの条件交渉を始めます。お客様からいただいた要望にできる限り沿えるよう、交渉を進めていますので、安心してお任せください。

6

契約、引き渡し
売主様、購入希望者様との条件合意が整いましたら、売買契約を取り交わします。合意条件に基づいた契約書類は当社で作成しますので、ご安心ください。締結後も、買主様への物件引き渡しが完了するまで丁寧に対応いたします。買主様からの入金が完了し、鍵と物件の引き渡しが終わりましたら、相続不動産の売却は完了です。

7

確定申告および納税
物件の売却によって得られた「売却利益」は、売却した翌年の申告期間に管轄の税務署にて確定申告する必要があります。この確定申告によって、不動産売却の利益に対する所得税・復興所得税、住民税の納付が求められますので、忘れずに納付するようにしましょう。

相続税について

相続税について

相続税は、ご親族様などから財産の相続を受けた方(相続人)に対して課税される税金です。相続税の対象となる場合は、被相続人の住所地を管轄する税務署に、亡くなったご親族(被相続人)の死亡を知った日の翌日から10か月以内に申告し、納税します。

相続税の対象になるのは

不動産を含む財産を相続したからと言って、すべての人が相続税の対象になるわけではありません。相続税の計算には基礎控除があり、その基礎控除を超えた分が課税対象となります。基礎控除額は、法定相続人の数によって決まり、法定相続人の数×600万円+3,000万円で算出します。例えば法定相続人が2名の場合、基礎控除は2名×600万円+3,000万円となり、4,200万円が基礎控除額となります。

遺産の総額から葬儀費用や債務などを引いた金額が遺産額となり、そこから基礎控除額を引いても遺産額がプラスなら、その金額が相続税の課税対象額です。なお、相続人が複数いる場合は、相続税の総額を算出したのち、それぞれの相続割合に応じて相続人ごとの納付額を決定します。そのため、相続額が多い方ほど、相続税の負担割合が大きくなります。

相続税の計算に必要な「不動産の相続税評価額」とは

預金など金額が一目でわかる資産はそのまま計算されますが、不動産のようにすぐに価格の判断ができないものは相続税評価額を算出し、遺産の総額に加えます。不動産の相続税評価額は、物件の「土地」と「建物」それぞれに分けて算出します。

土地の相続税評価額

土地の評価額は、不動産取引で示される査定額などの取引価格ではなく、国税庁が定めた路線価もしくは自治体が定めた固定資産税評価額に基づいて計算されます。一般的には、市街地が「路線価方式」、市街地以外が固定資産税評価額に対して一定の倍率をかけて算出する「倍率方式」で評価されます。

建物の相続税評価額

戸建てやマンションといった建物であれば、固定資産税評価額がそのまま適用されますので、固定資産税の納税通知書を確認しておきましょう。

株式会社エステートワン不動産の相続不動産売却

遺品の残った物件もそのままお売りいただけます。

遺品の残った物件もそのままお売りいただけます。

不動産を相続した場合、その建物内に家財などが残されていたり、敷地内の物置に資材があったりする場合が多々あります。大切になさりたい遺品はお客様の手元に残していただければいいのですが、そうでない遺品はその扱いに困るのではないでしょうか。

当社では、遺品整理業者などの関連企業と連携しておりますので、お客様の手を煩わせることなく、不要な遺品を残した状態で売却していただけます。「相続物件が遠方で何度も行けない」、「忙しくて片付けまで手が回らない」など、遺品の扱いに困ったらぜひ当社にご相談ください。

空き家管理もお任せください。

相続した不動産を当面空き家として所有する場合、適切に管理しておかなければ物件が傷み、売却するにも住むにも手を入れざるを得なくなります。「不動産を相続したが売却するかゆっくり検討したい」、「数年後相続した物件に住む予定がある」など、空き家の管理が必要になったら、ぜひ当社にご相談ください。

to top